「ものづくり」応援プロジェクト | MONO_SUGO人 WEBサイト |

SAGAものすご

毎週月曜日/22:54~、毎週水曜日/21:54~ サガテレビにて放送中。2018年6月放送分で視聴できます!

入社2年目の橋村さんは、陶石を粉砕して粘土に仕上げるまでの工程を担当。「4cm前後に砕いた陶石をスタンパー(杵と臼)に入れ、13時間かけて粉末状に粉砕。商品ごとに数種類の陶石を配合しているので、その割合が重要です」。粉砕後、陶土になる土と、それ以外の粗い石や砂とを水中で分ける水簸(すいひ)という工程を行い、機械で脱水して板状の粘土に加工する。「目に見えない鉄分や不純物まで取り除きます。陶土づくりは、作品の出来を左右するので、窯元さんの手によって形になったものを見ると嬉しいです」と橋村さん。趣味は山登りとカメラ。

OTHERS_MONO_SUGO人


SAGAものすご

毎週月曜日/22:54~、毎週水曜日/21:54~ サガテレビにて放送中。2018年6月放送分で視聴できます!

入社3年目の三木さんは、陶石の選別・洗浄や、注文に応じて粘土の形・硬さを調整する工程、納品先への配送などを担当。「陶土は10種類以上あり、伝統工芸士の方が使うような特上陶土は、陶石の白い部分のみ使用するので、表面に付着した鉄分などを一つひとつハンマーで取り除きます」。時間と手間がかかる作業だが、より美しい白を引き出すためには欠かせない。「天草陶石といっても、採石する場所によって特性が異なります。もっと経験を積んで、陶石の目利きができるようになりたい」と三木さん。休日の楽しみは趣味の釣り。

OTHERS_MONO_SUGO人

香田陶土有限会社

[ 嬉野市 ]

明治22年の創業で、陶磁器粘土を製造販売する香田陶土。良質な天草陶石を使用し、昔ながらのスタンパー粉砕方式による陶土づくりは、有田焼や伊万里焼、波佐見焼など多くの焼き物産地を支えている。

http://kodatoudo.com